境内にあるその他の神社

龍宮神社  例祭 3月10日

龍宮神社 月次祭月次祭
毎月10日午前11時 ご参列は自由で無料です。
お名前を奏上ご希望の方は受付用紙を用意しておりますのでご記入の上、玉串料千円お納め下さい。

 

 

 

伝説の乙姫さま

豊玉姫の神さまと玉依姫の神さまは、龍宮御殿の乙姫さまで
有名ですが、御神徳の一つ「良縁」に導かれる神さまとして知られています。
良縁・恋愛・安産・子授け・夫婦円満・商売繁良縁・恋愛・安産・子授け・夫婦円満・商売繁盛盛など

海幸彦山幸彦の話

海幸彦の大切にしていた釣針を無くして困っていた山幸彦は、塩土老翁の神さまの教えによって海の中にある宮殿に着きました。そして豊玉姫の神さまと出会って結ばれ、やがて釣針と干満の二つの玉を得て地上に帰ると、玉の力で問題を解決し、立派な子供が誕生しました。山幸彦のまたの名を日子穂穂手見の神さまといいます。

 

道空神社  例祭 3月の春分の日

あまんじゃく伝説のルーツ

平成25年3月20日御社殿御造営遷座祭執行されました。
道空さんは「あまんじゃく伝説」でよく知られていますが、この地域の産土信仰に加えて土地開拓の恩人であります。
それは湯蓋という地名が残っていることからも明らかです。
歴史的には六百年あまりの時を経て、この度、新築社殿御造営となりました。
今後は偉業高徳に対する報恩感謝の祭りをすることで開運の根、幸運の芽を授かろうとするものです。
是非お参り下さい。

あまんじゃく伝説

道空さんの子供は大変な変わり者で親の言うことに反対の事ばかりしていました。道空さんは病気になって死が近くなったとき、息子の日頃の行動を考えて、「私が死んだら墓は津久根島に建ててくれ」と遺言しました。息子はせめて最後の言葉だけは守ってあげようと津久根島にお墓を建てました。
沖合4㎞の津久根島には道空さんの墓があります。